VISION STREET WEAR

ヴィジョンストリートウェア

1976年の南カリフォルニア、そこではスケートボードが未来永劫スポーツおよび文化として形成されることとなる変化が進行していました。初めてスケートボードパークが建設され、ウレタンのホイールが発明され、初めてOllie(オーリー)テクニックが使われ、そしてVision Street Wearが誕生したのです。30年以上前に歩み始めて以来、VISIONはスケートとストリート・カルチャーの創造的で独自性を重視したブランドとして、その存在をアピールしつづけています。