Goliath

ゴライアス

1925年オランダ・ティルブルグにて、靴職人の息子ファン・アメスフォート(Sir van Amelsvoort)は弱冠21歳で独立し、靴工場アデラール(Adelaar)を設立。
伝統的な技術を用い、プロユースで品質の高いワークシューズ、スポーツシューズの製造を開始。開業当時の顧客は、オランダのプロサッカー選手とアマチュアリーグのサッカー選手が中心でした。
ブランド名の由来は、旧約聖書のサムエル記に登場する巨人兵士GOLIATH(ゴライアス/ゴリアテ)より。「巨大なもの」「偉大なもの」という意味がこめられています。
その後クリケットやアイススケートの世界でも注目を集め始め、ワークシューズやカジュアルシューズとしてもポピュラーなブランドに。1940年代までにはオランダのナショナルブランドとしての地位を確立します。