Spring Court

スプリングコート

スプリングコート(spring court)はフランスのスニーカーブランド。そのアイテムは、今も踏襲されるその外観は、NIKEやコンバースなどアメリカ発祥のブランドとは異なるクラシカルな雰囲気が味わえる。
現在においても1952年に開発されたヴァルカナイズ製法を採用。これはソールの鋳型に天然ゴムを乗せ、その上に予め縫製されたアッパーを乗せて150℃の熱で約10分間加熱し、ゴムを溶かして硬化接着する手法。靴底は二重構造で側面に左右4個ずつ計8個の空気穴が施され、中敷きの裏側に刻まれた溝を通して外気を取り入れられる様に工夫されている為、通気性が高く、素足で履いてもムレにくい。更に中敷きには清涼感のミントの香りが付いている。丸洗い可能な素足で履く為のスニーカーの逸品。