PATRICK

パトリック

パトリックの歴史は、1892年に西仏プソージュ村の靴職人、Patrick Benetau(パトリック・ベネトゥ)が息子達と靴を作り始めたことからスタートします。
1972年、パトリックのトレードマークとなるシューズ後方に鋭く刻まれた「2本ライン」が誕生により、ブランド・イメージは更に強烈になりました。PATRICKが発表するファッショナブルでオリジナリティー溢れるカラフルなシューズは、流行に敏感なパリジャンやパリジェンヌたちの間で瞬く間に話題となりファッション界からも一躍注目を集めることになりました。
日本へは、1978年に上陸を果たし、当時機能性だけが注目されていた「スニーカー」の中で、“PATRICK”の持つ鮮烈なカラーリングや洗練されたフォルムは、流行に流されない洒落者達から密かに注目を集めてきました。“PATRICK”は当時のコピーである“足元のメークアップ”を現在でも忠実に受け継ぎ、流行に左右されることのない、洗練された大人のファッションを表現するブランドです。